作業療法士と精神障がい者

作業療法士のお仕事で精神障がい者の人たちへの作業療法があります。これは精神疾患によって日常生活を送る上で障害をもった方々に対し、軽い運動やゲーム、遊び、そして創作的な活動など具体的かつ現実的な作業活動により精神機能の向上、対人関係能力の改善、作業能力の改善などをはかり、その人にとってのより良い生活が送れるように指導、援助を行うことです。



対象となる患者の疾患としては、統合失調症、そううつ病、神経症、てんかん、アルコール依存症、薬物依存症、痴呆、などがあります。作業療法士は、まず、その患者の症状安定に向けての援助をおこないます。それは、さまざまな活動を通じて気分転換、欲求充足を行い、情動の不安定さや思考、行動のまとまりのなさを調整するとともに、健康な機能を取り戻すことです。



そして、患者の心の葛藤を理解し、治療者との関係をもとに、他者とより良く交流していけるような体験の場を作るなど対人関係を構築できるようにしたり、病気のために不規則になった生活の修正をはかり、健全な日常生活を送ることで、より良い社会生活が営めるよう援助を行います。



作業療法士のお勤め先としては、精神病院、一般病院の精神科、神経科、精神保健センター、診療所・保健所、保健センター、精神障害者授産施設、共同作業所などが考えられます。
タグ:作業療法士

スポンサードリンク

介護・福祉のお仕事探すなら【しごとの山】!!


スタッフサービス・メディカルへご登録こちら


介護・医療・福祉のお仕事探しは 介護求人ナビで!


介護福祉の総合求人サイト!ケアリク


お祝い金が貰える求人サイト!『414510.biz』


【PR】転職エージェントに一括登録






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。