作業療法士もアピールポイントを!

作業療法士の仕事をするに当たって自分の得意なものを持つことはいいことです。たとえば装具の作成や加工調整が得意な人はよりその分野に精通することで、他の作業療法の作業に対してもさまざまなヒントが見えてくるのではないでしょうか。また、得意な分野を持つことで周囲のスタッフなどとの人間関係もスムーズなものとなり、より働きやすい環境を得ることができるのではないでしょうか。



作業療法士は、障害を持った人たちが自立できるようにサポートをするわけですが、障害者本人の思い描くものと作業療法士の目指すものが必ずしも同じとは限らない場合があります。そんなときでも、創意工夫によって障害者の人にとって新しい価値を創造し提案することができれば本人の心の充足感を得ることができるのではないでしょうか。



作業療法士の業務の中で得意な分野があると創意工夫をする楽しさも得ることで仕事に対するやりがいも倍加すると思われます。そうすると他の作業においてもよい影響があらわれ、障害者にとっても作業療法士にとっても幸福なときを持つことができるのではないでしょうか。
タグ:作業療法士

スポンサードリンク

介護・福祉のお仕事探すなら【しごとの山】!!


スタッフサービス・メディカルへご登録こちら


介護・医療・福祉のお仕事探しは 介護求人ナビで!


介護福祉の総合求人サイト!ケアリク


お祝い金が貰える求人サイト!『414510.biz』


【PR】転職エージェントに一括登録






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。