作業療法士の面接の服装

作業療法士の求人の面接会場には10分前には到着しましょう。そして、先ず、トイレに行きましょう。もちろん、すっきりさせる為ですが、そのアト、トイレの鏡で身だしなみをチェックしましょう。作業療法士の面接で合格するコツは、面接の前に、しっかりした服装で何を質問されても平気なように準備しておくようにします。



作業療法士の求人の面接のときは身だしなみが大切です。ほとんどの場合、医療機関や福祉施設でしょうから、大切な患者や入所者の方々を任せられるかを見られるわけですから、それにふさわしい服装をしたいものです。



女性の方はリクルートメイクを覚えておくと尚良いでしょう。髪の長い人は束ねるかアップにすることをすすめます。スーツは濃紺か茶系の物で、スカートは膝丈で、靴のヒールは低めで、色は茶か黒が基本です。ストッキングはベージュがいいでしょう。



男性の方は、ネクタイをしっかり締めていきたいものです。また、ワイシャツの下からTシャツの色や柄が透けているのもいただけません。髪の長さはワイシャツにあたらない程度で、スーツは濃紺やグレーなど、ワイシャツは白、ネクタイは落ち着いた色がおすすめです。靴下は黒や紺などの濃いめの色で白は避けましょう。靴は茶か黒で、汚れがないようにしましょう。



面接会場に到着した時点ですでに面接が始まっていると考えてください。ガムを噛んでいたら会場に入る前に処分しましょう。携帯電話の電源も必ず切りましょう。
タグ:作業療法士

スポンサードリンク

介護・福祉のお仕事探すなら【しごとの山】!!


スタッフサービス・メディカルへご登録こちら


介護・医療・福祉のお仕事探しは 介護求人ナビで!


介護福祉の総合求人サイト!ケアリク


お祝い金が貰える求人サイト!『414510.biz』


【PR】転職エージェントに一括登録






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。